CIRCULAR APPAREL LABEL

Our Circular Diagram

ものの循環を巡らせるのは、想いの循環。製品と大切に付き合う喜びから、売り手や作り手に想いを馳せる。わたしたちは、まっすぐとこだわりを注ぎこみ、誠実に伝え届ける。地球の循環と共鳴していくように。

過剰なブランド活動もしない。素材のもつ個性とポテンシャルに向き合い、その力を最大源に享受してゆく。衣を纏うことと向き合いつづける、サーキュラー アパレル レーベルという存在に。

DYEING & FINISHING

加工技術は、布地をさまざまに調理することができる最高の表現ツールです。一方で、大量の水や化学薬品を使う加工は、不可欠な場合にのみ使用されるべきです。"循環するジーンズ"は、未洗い(サイズ間違えを防ぎ、取り扱い易くするための「防縮・ねじれ防止加工」のみ施工)で製品を届けます。みなさんの手で、唯一無二の自然な加工を刻み込んでください。

PACKING

ダンボールでシンプルな包装、プラスチックフリーで製品をお届けします。こだわりの製品はつい丁重に梱包を施したくなるものですが、わたしたちなりの思いやりの梱包は、あたらしい環境負荷を生み出さないことです。また、ダンボールはリサイクル率の高い優れた梱包資材。自治体ごとのルールに沿ってリサイクルしていただけますよう、お願いします。

NON-STANDARD FABLIC

規格外生地(通称「B反」「C反」)は、厳密さを追い求めるものづくりの証。連携工場では、旧式シャトル織機によるデニム生地生産において、B/C反が毎月300〜400m程度出ています。これはジーンズ約160本に相当し、ジーンズの市場価格を2万円と考えたとき、320万円分の価値をもつ資源が無駄になっています。キズといっても微細で、見方を変えれば生地の「個性」であり、「多様性」。そして何より、すでに存在するため、生地生産における新しい環境負荷を生み出さない素材です。新素材開発やリサイクル素材と同時に、今ある資源の最大活用を目指します。

POWER SHIFT

"循環するジーンズ"生産をおこなう連携工場の電力源を確認し、再生可能エネルギーへのパワーシフトを工場と伴走しながら推進しています。1社が変わっても大きな変化ではないかもしれない。それでも、地道に成功事例を積みあげていくことで、産地大・地域大に広がっていくことを願い、活動しています。

会員向けマガジン配信中
新規会員受付開始も予定しています